シナコム

元カードショップ店員が遊戯王カード関連の話をするブログ

トレカマニアのバスツアーがルール変更!?そもそも非公認CSは賭博問題になるかもしれない

バスツアーでカード譲渡(アンティルール)がなくなった模様

 

どうも、管理人のシナです。

 

最近話題になったトレカマニアの地獄行きバスツアー

 

 

 

大会で賭博なのでは?法律的に大丈夫なのか?

 

と問題になっていましたが、ルール改変があった模様です。

 

 

 

 

 

 

ルール詳細はこちらから↓↓

 

涙の卒業デュエル大会と第一回 トレマニ発地獄行バスツアーの詳細|トレカマニアのブログ

 

 

ルールとしては、遊戯王世界のアンティルールを忠実に再現する面白い企画ではあったのですが、

 

日本の法律になると、「賭博罪」になる可能性があるため、ルール変更になったのだと思われます。

 

 

そもそも非公認CSで景品が出ると賭博問題になるかもしれない件について

f:id:yugiprice:20170824123322j:plain

 

 

この1件で賭博問題について気になった管理人なのですが、

 

調べてみたところ、大規模な非公認CSで高額なゲーム機などが商品として用意されているのがほとんどですよね。

 

 

これも賭博問題になる可能性があるみたいです・・・

 

 

「一時の娯楽に供する物」の基準が定まっていない

刑法第185条を確認すると

 

 

(賭博)
第185条
賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

 

 

もちろん金銭を賭けることは賭博になり、法律的には違法になると思います。

 

 

ですが、「一時の娯楽に供する物」ってめちゃくちゃ抽象的ですよね?

 

非常に・・・非常にグレーな表現なんです・・・(日本の法律怖い)

 

 

 

 

裁判所での見解は!?

 

裁判所の判例

 

『一時の娯楽に供する物とは、関係者が即時娯楽のため消費するようなものをいう』

 

 

という回答があったみたいです。

 

 

例えば、飲食物とかであれば、すぐに消費するものだと思いますので、文面上問題ない可能性があるのではと思います。

 

 

 

また、「一時の娯楽に供する物」という言葉で解釈すると、

 

高額な金額の物でなければ良いのでは?という考えもあるみたいです。

 

 

さらに調べて見ると

 

警察の人たちが、図書券や、商品券を賭けて麻雀をし、問題があったみたいです。

 

普通に考えたら、金券って現金化できるので賭博になるんじゃ・・・

 

って思う方が多いと思いますが、実際は「お咎めなし」になったそうです。

 

 

図書券や、商品券の金額が少額なものだったからお咎めがなかった」

 

・・・そういう解釈にしておきましょう。

 

 

高額なゲーム機は少額なの?

 

話を戻しましょう。非公認CSなどでゲーム機が商品になる場合って

 

PS4

Nintendo Switch

 

とかではないでしょうか・・・

 

PS4は2万円以上、Switchに関してはプレミア価格がついて4万円以上でしょうか・・・

 

 

この2万〜4万って・・・管理人は高額だと思うんですよ。

 

まぁこの金額が安いと思うブルジョ〜ワな人もいるかもしれませんが・・・笑

 

 

別の視点で考えてみましょう。

 

 

即時娯楽のため消費するようなもの

 

 これは該当しないですよね。食べれないし・・・

 

娯楽のものではありますが、即時に消費できるようなものではないですね。

 

 

 

 

最後に・・・大規模なCSは今後危ないかもしれない

 

身内でやるような物であればお咎めはない可能性はありますが、

 

大規模な大会で、高額なゲーム機の商品が主催者側で用意されているCSに関しては、非常にグレーゾーンなのではと思います。

 

警察側が動けば・・・犯罪になる可能性が高く、出場側の人も、犯罪を助長している側になる恐れもある・・・ということになるのではないかと思った管理人でした。

 

 

というより、日本の法律自体が、具体的な内容に制定しないとダメな気がするんですけど。

 

ほんと警察と賭博って・・・おっと誰か来たみたいくぁwせdrftgyふじこlp

 

__[警]
  (  ) ('A`)←シナ
  (  )Vノ )
   | |  | |

 

 

さよなら